ご相談事例

「死んだらあげる」の約束は認められる?:死因贈与

姉が所有する土地で花や野菜を育てていた妹のAさんでしたが、姉は亡くなってしまいました。Aさんは「私の死後、この土地はあなたにあげる」という、生前の姉の言葉を「遺言」と考えていますが…。

お困りごと解決!
弁護士からの
アドバイス

死因贈与について

被相続人の「あなたにあげる」という言葉が問題になることは、遺産相続の場面ではよくあることです。このケースのような、被相続人が生前に発した「私の死後、あなたにあげる」という言葉は、結論から言えば遺言にはあたりません。遺言は書面で残すことが大原則で、「口約束」では遺言と認められないからです。

では、このような被相続人の言葉は「単なる口約束」であって、全く無意味な物であるかといえば、そうではありません。被相続人は「贈与の意思を示した」ということになるのです。「私の死後、あなたにあげる」は、死を原因として発生する贈与であることから、「死因贈与」といいます。

死因贈与が認められるための条件 その1

「被相続人がそう言っていたから…」と主張するだけでは、当然ながら死因贈与は認められません。死因贈与が認められるには、二つの条件が整っていなければなりません。

条件の一つ目は、「証人の有無」です。生前の被相続人から「あなたにあげる」と言われていたと主張する本人のほかに、実際にそれを見聞きしていた証人がいることが必要になります。この証人ですが、被相続人が贈与の意思を示していたことを証言できる人であれば、誰であっても問題ありません。親族でも、近所の人でも構いません。

死因贈与が認められるための条件 その2

死因贈与が認められるための条件の二つ目は、相続人全員が承諾することです。

土地等の財産の名義変更をする際には、相続人全員の実印と印鑑証明が必要になりますので、それらを相続人全員から取得できれば、承諾を得られたということになります。証人がいて、かつ、相続人全員の承諾が得られれば、死因贈与が成立することになります。そうなって初めて「あなたにあげる」が現実のものとなります。

書面がある場合の注意事項

被相続人が「あなたにあげる」と言っている場面を見た証人がいなかった場合でも、その事実を証明する書面が出てくれば、条件その1を満たすことになります。その書面とは、財産を贈る人と受け取る人の捺印がある書面です。財産を贈る人だけでなく、受け取る人の捺印も必要であることがポイントです。

遺言の場合ですと、遺言者(被相続人)の意思によって、財産を特定の誰かに相続させるという一方的な手続きとなるので、相続人の実印や印鑑証明は不要です。しかしながら、死因贈与の場合、財産を贈る人と、受け取る人の間で結ばれる「贈与契約」となるため、合意を意味する双方の捺印が必要になります。

死因贈与で得られるメリット

この事例のようなケースの場合、姉の所有していた土地を妹のAさんに、通常の相続手続きで渡そうとすると、姉の配偶者や子らが一旦その土地を相続した上で、Aさんに贈与しなければなりません。

このような手続きを行うと、配偶者や子が相続する際に「相続税」が課税され、さらに、Aさんが贈与を受ける際に「贈与税」が課税されることになります。

ところが、これが死因贈与だった場合、姉の土地は直接Aさんが受け取ることができます。しかも、課税されるのは相続税のみとなり、余計な贈与税が発生しなくなるのです。

相続の疑問・不満の無料相談
具体的な解決策がすぐに分かる場合もあります

初回無料相談でわかること

  • 相続手続の方法
  • 問題解決の糸口
  • もめるポイント
  • 弁護士委任費用の御見積
  • 解決までのスケジュール 

弁護士による説明が
「わかりやすい」
ご好評をいただいています

ご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-7867-30
平日9:00-17:30

インターネットからの受付

365日・24時間受付

事務所案内

大阪梅田・京都駅前・神戸(三宮)、お近くの事務所でご相談いただけます。
大阪事務所
  • 〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号ノースゲートビルオフィスタワー14階
  • TEL:06-6348-3055
    FAX:06-6348-3056
  • 執務時間
    月~金曜日/9:00~20:00
    土曜日/9:00~18:00
京都駅前事務所
  • 〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
  • TEL:075-353-9901
    FAX:075-353-9911
  • 執務時間
    月~土曜日/9:30~18:00
神戸支店
  • 〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
  • TEL:078-242-3041
    FAX:078-242-3042
  • 執務時間
    月~金曜日/9:30~18:00
お電話でのご相談予約は
受付時間
月曜〜土曜/9:00〜17:30
0120-7867-30
※ケータイ電話からも通話無料