遺産相続の基礎知識

遺言書作成の注意点

遺言書は、残されるご家族に対する最後の思いを表現するいわば「ラブレター」です。ラブレターと聞くと、ご自身の個性を活かして、自由に思いを伝えられそうなイメージですが、実際のところ、遺言書の書き方は法律によって厳格に方式を定められています。
法律によって書き方が定められている以上、少しでも間違ってしまえば、法的に無効な遺言書となり、トラブルを招く原因となってしまいます。遺言書作成で注意すべきポイントをQ&A形式でまとめておきますので、参考になさってください。

ミスや勘違いを防ぐ!遺言書作成のQ&A

自筆証書遺言の場合

ワープロ書きの遺言は有効?
無効です。
ペンネームで署名した遺言は有効?
名前が遺言者と同一であると判断されれば、有効になりますが、できるだけ避けた方が無難です。
署名が姓だけの遺言は有効?
ほとんどの場合遺言者を特定できずに、無効となります。
署名で名だけの遺言は有効?
親族に同一の名の人がいる場合無効と解される可能性があります。
遺言書が2頁以上の場合契印(割り印)は必要?
不要です。
押印の代わりに拇印(指印)をした場合有効?
有効とした判例もありますが、文言解釈上拇印は「印」ではないため、避けるべきです。
日付を「遺言者の誕生日」としたら有効?
日付を特定できますので有効となります。
遺言書に押印していないが、遺言書を封入していた封筒に押印した。
無効です。
日付を「吉日」としたら有効?
日付を特定できませんから、無効になります。
押印に用いる印鑑は実印でなければならない?
認印でもかまいません。

公正証書遺言の場合

証人には誰でもなることができる?
証人になれない人がいます。
具体的には、未成年者、推定相続人、受遺者、推定相続人・受遺者の配偶者、直系血族、公証人の配偶者、四親等内の親族など、そして、遺言内容を判読・理解できない人は証人にはなれません。

「遺言書」のサンプル(PDF)

お電話でのご相談予約は
受付時間
月曜〜土曜/9:00〜17:30
0120-7867-30
※ケータイ電話からも通話無料